SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

女板前、銀座すし屋の修業日記

「銀座すしもと」で修行中の著者が送る、調理場奮闘記。
普段家庭では見ることのない珍しい魚の調理方法や銀座の高級すし屋の裏側教えます!
<< 築地でばったり! | main | マグロ屋の兄ちゃん >>
金の酒器
最近、我がサロンで密かなブームになっているのが
「金のぐい飲み」

蓼科に住む陶芸家さんが作ったものなんですが、これがとっても面白い。
はじめは茶色い土色をしているのですが、お酒を注ぐと
きれいな湖のように、金色にキラキラ光るんです。

使い込めば使い込むほど、金色がキラキラを変化していきます。

一つ一つ手作りなので、すべて形が違いますし、小鉢としてもお使い頂けます。
あまりにきれいなので、密かなMyブームにしていたら、いつの間にか
お教室の生徒さんからも、ご注文が殺到してしまいました。

近いうち、写真をUPしますが、本当にきれいですよー。

ただ、気をつけなければいけないのは、飲みすぎてしまうこと。
こちらで頂くと、日本酒の味もまろやかになるので、
ついつい、ぐいぐいと・・・。

そろそろ熱燗がおいしい季節ですね

| | 01:29 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |









http://blog.r-wagaya.com/trackback/372415
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/02/26 6:35 PM |