SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

女板前、銀座すし屋の修業日記

「銀座すしもと」で修行中の著者が送る、調理場奮闘記。
普段家庭では見ることのない珍しい魚の調理方法や銀座の高級すし屋の裏側教えます!
<< ホットワインの作り方 | main | 料理屋のまかない「あら煮」 >>
出来のよい生徒さんを持つ先生は幸せだ・・・の巻
先日、学生時代のヨット仲間が15名ほど我が家に集まり、
新年会を開催した。

せっかくの新年会なので、この日も朝から築地に買出し!

ホームパーティーといえども、私の出来る限りのおもてなしはしたいものだ。


3キロ弱の鯛や、マグロのカマなどをGETし、
大至急家に戻って準備に取り掛かる。

昼過ぎにゾロゾロと友人も集まり始め、
懐かしい話に花が咲き、お酒も当然進む。

友人が持ってきてくれたコロナに始まり、
樽で用意したワイン・・・
友人のお土産の「伊佐美」etc・・・

ついつい飲みすぎてしまったと思いつつも、
せっかくなので途中で、鯛の解体ショーを披露した・・・。



研ぎたての出刃でブスリ!!

あれ?酔っているのかしら?なぜか包丁の感覚が違う・・・。
もういっちょ、ブスリ・・・・。
あ、流血・・・・・・。

鮨屋での修行ネタを散々披露した挙句、
調子に乗ってしまった私は、思いっきり自分の指をさばいてしまった・・・。

そこに颯爽と登場したのが二人の友人。
実は彼女達は、Ristorante我が家の料理教室のOPEN時から
通ってくれている生徒さんでもある。
二人は、流血している私から包丁を奪い、見事に鯛を刺身に下ろしてくれた。

なんとも逞しく成長してくれたことだ。
当初は、包丁さえも握れなかった彼女達が、今では
鯛を刺身に下ろしている・・・・。

すばらしい成長ぶりだ。

素晴らしい生徒さんを持ったことに感動しつつ、
私は、ひたすら止血するのであった。

車の運転も、包丁さばきも、慣れたころが危険だ。
どちらも飲酒は禁物であるということを改めて思い知った1日であった。

ブログランキング応援よろしくお願いします。



| 料理教室 | 00:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.r-wagaya.com/trackback/463044